1. トップページ >
  2. 幼稚部 >
  3. 教育目標

幼稚部

教育目標

幼稚部は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適切な環境を構成し、その心身の発達を促すことを目的とする。

  1. 健康な心と身体を育み、いろいろなものに興味を持つ心を育てる。
  2. いろいろな経験を通して、周囲の人とかかわる力を養う。
  3. 経験をしたことや考えたことなどを自分なりのことばで表現し、相手の話を聞こうとする意欲や態度を育て、ことばで表現する力を養う。
  4. 聴覚や視覚的な情報などを十分に活用して、考える力の基礎を養う。
  5. 基本的な生活習慣の確立と友達と仲良く遊ぶ心を養う。

重点目標

  1. 保護者との連携を図り、基本的生活習慣やコミュニケーション能力の向上を目指す。
  2. 日本語習得に向けて言語環境、補聴環境、および遊び環境を整える。
  3. 判断力、行動力の基礎を培うために保育内容の充実を図る。

幼稚部の目指す子ども

  1. 元気に自分から遊べる子
  2. 身の回りのことは、自分でする子
  3. 自分の意思を、ことばをつかって伝えようとする子
  4. さまざまな音や声を聴こうとする子